eXtremeRate XboxシリーズX/Sコントローラーに対応用プログラム可能なリマップキット、Xboxコアコントローラー(Model 1914)用アップグレードボード&再設計されたバックシェル&サイドレール&背面ボタン【テクスチャードライトグリーン】

Xbox Series X & S 用周辺機器

eXtremeRate XboxシリーズX/Sコントローラーに対応用プログラム可能なリマップキット、Xboxコアコントローラー(Model 1914)用アップグレードボード&再設計されたバックシェル&サイドレール&背面ボタン【テクスチャードライトグリーン】について

eXtremeRate XboxシリーズX/Sコントローラーに対応用プログラム可能なリマップキット、Xboxコアコントローラー(Model 1914)用アップグレードボード&再設計されたバックシェル&サイドレール&背面ボタン【テクスチャードライトグリーン】

今持っているXbox Series X/SコントローラーをプロなeSportエリートコントローラーに変えましょう。Xbox Series X/Sコントローラーに対応でき、それにXbox Coreコントローラー(Model 1914)にも対応できます。(購入する前にコントローラーのモデルを確認ください。) 人間工学に基づいたプログラム可能な背面ボタンのアタッチメント4つが追加されました。このキットの使用は自己責任です、ご了承ください。 バックボタンには最大14個のボタンを割り当てることができます。 Xbox Series X/SコントローラーはeXtremeRate LEDキット&クリッキーキット&FLEXORサイドレールに対応できます。 インストールのためにコントローラーを分解する必要があり、ハイレベルな実践的なスキルが必要です。それに、HOPE-FPCボードはハンダ付けの必要があります。Youtubeで「eXtremeRate Hope Remap Kit for Xbox Series X/S Controller」を検索して、インストールする説明動画をご覧ください。
› もっと見る

‎eXtremeRate

eXtremeRate XboxシリーズX/Sコントローラーに対応用プログラム可能なリマップキット、Xboxコアコントローラー(Model 1914)用アップグレードボード&再設計されたバックシェル&サイドレール&背面ボタン【テクスチャードライトグリーン】 口コミ

Xboxワイヤレスコントローラーに取り付けてみました。

半田付け作業終了後チェック基盤で確認したところエラー箇所が3つも有り愕然としましたが、チェック基盤に番号がふってあることに気付き、半田付け箇所の番号と照らし合わせながら何度も半田付けを、やり直した果てにとうとう全部クリアーランプ点灯させる事が出来ました。
ほぼ初心者レベルの私の半田付けでも粘りに粘って基盤を炙りに炙っても大丈夫でしたので根性と気合いで何とかなると思います。。

半田付けさえ何とかすれば後はプラモデル感覚で組めました。

肝心の動作もバッチリ動きました。

謎の後付け機関ですがボタンの場所、押し心地もバッチリで完璧な仕上がりです。

純正のくっそ高いエリートコントローラーよりも所有感が高く、それでいて操作感も良いのならばトライする価値は有ると思います。

大変良いキットですね。温度管理できるまともな半田ごてがあれば、組み立て動画通りに作業すれば失敗はないでしょう。
プロコン化してもエリコンより軽く、背面ボタンのクリック感が自分好みで気に入りました。
背面シェルですが表面処理がソフトタッチの独自色ではなく、純正コントローラと同じ質感、色にしてほしい。(黒のソフトタッチは手脂も目立ちますし、滑りやすいですし)また、エリコンのように部分的にラバーグリップがあると尚よいです。PS5のRISEは純正同色かつラバーグリップバージョンもあるのでXBOX用も同様になることを希望します。

購入から3ヶ月程度ですがリマップ機能が使えなくなりました

対応するXBoxコントローラの背面側改造キット。これで背面に左右2つずつ計4つのボタンを増設できます。

しかし初心者が手を出すのはやめたほうがいいでしょう。その理由は

・細かい手作業と精密はんだ付け技術が要求される
・公式youtube動画を見ながらの作業に
・公式動画は英語。日本語の取説もない

てなわけで難易度はかなり高いです。そこまでしてコントローラをカスタマイズしたい本格ゲーマーの方はどうぞ。

そんなハードな改造キットですが、通電・動作確認用のテスター基板が付属してるのは親切でいいですす♪

ハンダが出来れば特に問題ありません。
背面ボタン、いいですねー

はんだがうまくいっているか、テスターがあるので便利です。
取説はなく英語の動画を見ながら作成していきます。
ただ…私のようなはんだ初心者には細かく、場所も多いはんだ付けでうまくいきませんでした。
2セット買ってチャレンジするも全くうまくいかず断念しました。
ですので、はんだ付けしたことがない人にはおすすめできないです。

PS5用のRISE4も取り付けた事がありますが、
こちらは取り付けに5時間以上掛かりました。
ハンダ付けも難しく何箇所か失敗しました。
キットにはハンダ付けが正しく行われているかチェックする基板が同梱されていますので、
失敗している箇所はすぐ特定できます。

純正コントローラーを改造するので操作性などはそのままです。
ボタンのアサインもきちんと行われました。
メニューボタンがアサインできないのは惜しいです。
背面ボタンは小さめなので、人によっては押しづらいかもしれません。

充電スタンドに関しましては
HORIの充電スタンド、Razerの充電スタンド両方とも
干渉する事なく使えました。

エリコン2との比較ですが、
機能的にはエリコン2の方が細かい調整も出来るため優れていて
価格的にもエリコン2Coreが追加された事であまり差が無いかもしれません。

自分で分解してメンテを行う人、
内蔵バッテリーではなく単三電池を使いたい人、
エリコン2の初期不良の多さが気になる人などは
このHOPE Remap Kitに挑戦してみてもよいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました