Western Digital ウエスタンデジタル WD BLACK M.2 SSD 内蔵 ヒートシンク搭載 1TB PS5動作確認済 NVMe PCIe Gen4 x4 WDS100T2XHE-EC SN850X 【国内正規取扱代理店】

プレイステーション5周辺機器

Western Digital ウエスタンデジタル WD BLACK M.2 SSD 内蔵 ヒートシンク搭載 1TB PS5動作確認済 NVMe PCIe Gen4 x4 WDS100T2XHE-EC SN850X 【国内正規取扱代理店】について

Western Digital ウエスタンデジタル WD BLACK M.2 SSD 内蔵 ヒートシンク搭載 1TB PS5動作確認済 NVMe PCIe Gen4 x4 WDS100T2XHE-EC SN850X 【国内正規取扱代理店】

この商品について M.2-2280 PCI-E Gen4 x 4 シーケンシャル読み取り : 最大7,300Mbps シーケンシャル書き込み : 6,300Mbps 【PS5動作確認済み】ヒートシンク搭載モデル
› もっと見る

シリーズ : WD Black SN850X ヒートシンク搭載 容量 : 1TB インターフェース : PCIe Gen 4 x 4 保証 : 5年

‎12.7 x 10.2 x 2.2 cm; 60 g

Western Digital ウエスタンデジタル WD BLACK M.2 SSD 内蔵 ヒートシンク搭載 1TB PS5動作確認済 NVMe PCIe Gen4 x4 WDS100T2XHE-EC SN850X 【国内正規取扱代理店】 口コミ

全然ps5で使えました。速度も速いし、ラグが起こる事もほとんどありません

新型PS5用に購入。
問題なく使えています。
手持ちに比較対象がないので他とどう違うと言う事は分かりませんがこのシリーズのヒートシンクのデザインが好きなので購入しました。
PlayStation公式ライセンス品PSマーク付きバージョンもあるみたいですが”性能に差はない”とどこかのブログで見たので数千円価格の安いこちらの方にしました。
実際には公式ライセンス品はヒートシンクの形状に改良が加えられ、冷却性能が上がっている様です。
ただPS5の新型はエアフローの最適化で冷却効率が上がっている様でそこまで気にする差は無いのかと思います。
APEXのシーズン20で初期によくエラー落ちして、PS5が熱暴走しているのかと疑いましたが、シーズン初めのアプリ側の不具合の様で現在では改善されてそう言った不具合はほぼなくなりました。
まだ使用初期なのでこれから都度気づいた事が有れば加筆して行きます。

やはりPCのメインで使うには、信頼できるメーカーで無いとPCのシステムドライブでは使えない。
その点WDはPCでは一流のドライブメーカーなのでOSのシステムドライブとして使うには問題ない。
速さの点でも安定していてヒートシンクがあるおかげで熱対策も問題なくクリアーできる。
これだけ熱対策したM.2なら熱暴走による劣化など心配は無い。
しかも読み込み書き込みの速度も申し分なく値段も大分安くなってきてるのでコストパフォーマンスはかなり良いと思います。

PS5用に購入。2022年末につけてからほぼ毎日PS5を起動していますが、1年以上経過した現在まで動作に問題ありません。比較検証などはしていませんが、鉄拳8などの最新作もストレスなく遊べています。
あえて難点を上げるとすると、片側のねじを仮止めしたときにもう片方がかなり浮き、まぁまぁの力を入れてねじ止めしないといけなかった点。壊れるのではないかと少々ヒヤヒヤさせられました。これはPS5の構造上のものかも?

しかし最近のゲームは平気で100GBを超え、2TBでも容量が厳しくなってきたため4TBにしておけば良かったとの後悔があります。

ゲームはもちろん早くなる。遅いHDDはもう使えない。

DELLXPS8950で問題無く取付ました。SSD取付後にデバイスの認識操作をしてからWDのダッシュボードソフトをダウンロードして再起動実施、ソフトは日本語表示で簡単にファームウェア更新ができました。

2TBと、とても大容量で満足してます。1TBだと足らなくなると思い、2TBを購入しましたが大正解でした。それに今の所不具合もなく使えてます。おすすめの商品です。

タイトルとURLをコピーしました