【PlayStation 日本国内公式ライセンス商品】 Qanba Drone 2 Arcade Joystick クァンバ ドローン 2 アーケード ジョイスティック (PlayStation 5 / PlayStation 4 / PC) 本格的なアケコンと同じ30mmボタン8個レイアウトを採用 タッチパッド/タッチパッドボタン 3.5mmステレオヘッドホン/マイク端子 コンパクトモデル 【日本正規代理店保証品】

プレイステーション5周辺機器

【PlayStation 日本国内公式ライセンス商品】 Qanba Drone 2 Arcade Joystick クァンバ ドローン 2 アーケード ジョイスティック (PlayStation 5 / PlayStation 4 / PC) 本格的なアケコンと同じ30mmボタン8個レイアウトを採用 タッチパッド/タッチパッドボタン 3.5mmステレオヘッドホン/マイク端子 コンパクトモデル 【日本正規代理店保証品】について

【PlayStation 日本国内公式ライセンス商品】 Qanba Drone 2 Arcade Joystick クァンバ ドローン 2 アーケード ジョイスティック (PlayStation 5 / PlayStation 4 / PC) 本格的なアケコンと同じ30mmボタン8個レイアウトを採用 タッチパッド/タッチパッドボタン 3.5mmステレオヘッドホン/マイク端子 コンパクトモデル 【日本正規代理店保証品】

この商品について Qanba(クァンバ)、PlayStation5 / PlayStation4 正式対応 日本国内公式ライセンス商品、本格的なアケコンと同じ30mmボタン8個レイアウトを採用した軽量で耐久性に優れたコンパクトモデル カジュアルプレイヤーやビギナーでも楽しめるアケコン ハイエンド仕様アーケード ジョイスティック(アケコン)と同じ30mmボタン8個レイアウト、タッチパッド/タッチパッドボタンを装備、違和感なく同じ様に使えて便利、3.5mmステレオヘッドフォン/マイク端子を装備 (PCには対応していません)、MUTEボタン (LEDインジケーター付き) △ボタン・◯ボタン・×ボタン・□ボタン・R1ボタン・R2ボタン・R3ボタン・L1ボタン・L2ボタン・L3ボタン・タッチパッド / タッチパッドボタン・ クリエイトボタン (PlayStation 4接続時には SHARE ボタンとして動作します) ・ オプションボタン (PlayStation 4接続時には OPTIONS ボタンとして動作します) ・ PSボタン・スティック (MODEボタンにより、左/右スティック・方向キー切替) ・ TURBO ・ MODE ボタン、COMPATIBILITY スイッチを切り替えて接続するだけで、PlayStation 5 / PlayStation 4 / PCに対応して便利 Qanba自社製30mmボタン、ジョイスティックレバー、35φレバーボール、 4方向ガイドプレート採用、ファストン端子接続採用。四角ガイド採用。ボタン、ジョイスティックレバー、レバーボールの交換、カスタマイズができます。本体裏側の蓋を外せば、レバーボールを交換できます。本体裏側のネジを外せば、ボタンやスティックを交換できます(交換が容易なリセプタクル端子、ファストン端子接続) しかも、軽量コンパクトなため、場所をとらず、持ち運び用にも使えます(1.25kg、35.6cmx22.1cmx11.6cm)、天板はシックなブラック、滑りにくい表面加工・自宅での練習だけでなく、持ち運び時など場所やシーンを問わずお使い頂ける便利機能搭載(パームレスト部分に手首が滑りにくいエンボス加工、底面に滑り止めマット、本体手前パームレスト下部に収納可能なUSBケーブル収納スペースなど)

Drone 2(ドローン 2)は、自ら格闘ゲームプレイヤーである創業者がカジュアルユーザーやビギナープレイヤー向けに本格的なアケコンと違和感なく使えるコントローラーを作りたいと開発した Drone(ドローン)の後継機種で、PlayStation®5 / PlayStation®4 / PCに正式対応して、スイッチを使用機種に合わせて接続するだけで、すぐにお使い頂くことができます。 場所をとらない軽量コンパクトの特徴はそのままに、持ち運びしやすい様に設計され、耐久性に優れています。パームレスト部分に手首が滑りにくいエンボス加工、底面の滑り止めマット、USBケーブル収納スペースなど、従来機種からの便利機能に加えて、新たにタッチパッド/タッチパッドボタン、3.5mm ステレオヘッドホン/マイク端子、LEDインジケーター付ミュートボタンを装備、より洗練したデザインや天板仕上げと共に、最新プラットフォームに対応しました。自宅での練習、オンラインプレイ、対戦会など、持ち運ぶ場所やシーンを問わず、ご使用頂けます。 ジョイスティックレバーと押しボタンパーツは、自社製のレバー・ボタンを採用して、本格的なアケコンと同じ30mmボタン8個レイアウトを実現しています。本体裏側の蓋を外せば、ネジを開けずにレバーボールの交換が可能、ジョイスティックレバーと押しボタンパーツはそれぞれファストン端子・リセプタクル端子を採用しているので、メンテナンスや交換が容易にできます。 コストパフォーマンスに優れ、かつ高性能な最新世代アーケードジョイスティックを求めるプレイヤーの声に応えた Drone 2(ドローン 2)は、アケコンを初めて購入される方にも、使い慣れた方にも最適な製品です。

【PlayStation 日本国内公式ライセンス商品】 Qanba Drone 2 Arcade Joystick クァンバ ドローン 2 アーケード ジョイスティック (PlayStation 5 / PlayStation 4 / PC) 本格的なアケコンと同じ30mmボタン8個レイアウトを採用 タッチパッド/タッチパッドボタン 3.5mmステレオヘッドホン/マイク端子 コンパクトモデル 【日本正規代理店保証品】 口コミ

レバー操作時のカチカチ音がうるさく、そしてボタンを押した時の音も本体内で反響してうるさい。
夜中での使用には気を使う。
要望があるとすれば一つだけ。なんとかワイヤレスにできないものか…

PS5の龍が如く8でスパイクアウトをプレイするために購入。
操作感自体はゲーセンとほぼ遜色ないです。レスポンスも非常にいい。

他のゲームタイトルでは知らないが、スパイクアウトをプレイしたい人はちょっと注意が必要かも。
人によってはタッチパッドボタンを誤って押してしまいやすい(ポーズ画面に移行してしまう)です。
後はMAP切り替えのスタートボタン。押しにくい一番左上にあってメインのボタンと比べて小さいので、
MAP切り替えを丁寧に使う人は注意してください。

以上です。

使い心地に満足しています。
シンプルな見た目も満足です。

対戦格闘ゲームをやるならレバー交換が必要かなって感じました。理由は元々のレバーが4軸方向レバーなのでシビアな入力には向かない。同じ感覚で斜めに入れても下と判定される等です。なので三和製の8軸レバーなどと交換が良いのかなって思います。この場合は本体とレバー接続にケーブルが必要です。
安く済ませたいならハードオフとかで初期PSのアケコン買って部品取りして換装とかですかね。
それ以外の大きさや重さなどは家庭用と考えれば不満はありません。
注意点は保証が効かなくなるって事です。
交換、改造の手間と部品の値段等考えたら割高でも他のが正解かもしれません。
俺は入力には自信あるし4軸でも構わないぜって方ならベスドバイだと思います。

鉄拳やる時に使わせて貰ってます。初めてのアケコンということもあって比較が出来なかったのですが、ボタンの反応が早すぎてちょっと触れただけででます。

何年かPS4の純正ワイヤレスコントローラーでゲームをプレイしており、今回初のアケコンでした。
PS4本体との接続方法もUSBケーブルを繋ぐのみと簡単であり、私は主にスト6で使用していますが、コマンドもかなり出しやすく、簡単なコンボなら初触りの日中にはできるようになるほど扱いやすかったです。
初アケコンのため他のアケコンがどの程度の重さなのかは把握していませんが、このアケコンはあまり重くないと思います。
足の上に置いて使用していますが、気になるほどの重さではなかったです。
大きさもちょうど良く、添付してある写真を見て頂けたら想像しやすいと思います。
スト6のSA1、2、3のような複雑なコマンドに関しては出しづらく、素早い入力は難しいですが、それは自分の練度次第ということで、製品自体に文句はありません。

レバーとボタンの間が狭くて窮屈に感じるけどこんな物なのかな?

アケコンでこの値段なありかなとは思います

タイトルとURLをコピーしました