ファイナルファンタジーVII リバース(FINAL FANTASY VII REBIRTH)-PS5

プレイステーション5ゲーム

ファイナルファンタジーVII リバース(FINAL FANTASY VII REBIRTH)-PS5について

ファイナルファンタジーVII リバース(FINAL FANTASY VII REBIRTH)-PS5

この商品について 本作は1997年に発売された『FINAL FANTASY VII』(原作)のリメイク作品です。 “忘らるる都”までの原作を元にオリジナルの要素を加えた作品となり、『FINAL FANTASY VII REMAKE』プロジェクト三部作の第2作目です。 ー広大なワールドを旅する自由な冒険 ー連携技や新たなキャラクターにより進化したバトル ークラウド、セフィロス、そしてザックスの新たな物語

© SQUARE ENIX CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI LOGO ILLUSTRATION:© YOSHITAKA AMANO

ファイナルファンタジーVII リバース(FINAL FANTASY VII REBIRTH)-PS5 口コミ

まず 、REMAKEのレビューでも書きましたしご存知の方が大半以上だと思われますが一応
「FF7 REMAKE・REBIRTHとは?」
という所から。
PS1のFF7が物語のベースになってはいるものの、原作に忠実な純然たるリメイク作ではなく極端に言えば
「原作とは別の世界線の上にあり、異なる部分があるお話」
だという事です。
「原作では語られていなかったエピソード(主に後追いで追加された設定)、もしくは物語や設定について深堀りされた」
とも意味合いとしては取れなくもない。
そもそも原作とは全く違う展開の話さえある。
本来ならミッドガルの7番街プレート落下事故で死亡したビッグス、ミッドガルを目前にして殺されたザックスがREBIRTHでは生存している所を見てもそれがお分かり頂けると思う。
ここは前作のREMAKEから新たに追加された
「星の運命の番人・フィーラー」
の存在が大きく関わってます。
そこを念頭に一つお願い致します。
原作(PS1版・FF7)に忠実なリメイクと期待してやると、人によっては少々がっかりさせられるかもしれません。
あくまで原作に沿った内容ではあるものの、基本的には別物であると考えておいて下さい。
三部作完結予定、今回は二作目ですが今作のREBIRTHが「核」なんだそうです。
(※注・今回のREBIRTHの時点で、PS1のFF7だとDisc 1がようやく終了って所ですからね…今後どうなるかは少々疑わしいけども(汗))

原作の話の流れを知っている方なら、いきなりREBIRTHからスタートしてしまっても勿論全く問題ないです。
ゲームデータは前作のREMAKEとは完全に独立しており、レベルやアイテム類も引き継がれない為、再び1からのスタートとなります。
とは言え、やはりストーリーの理解があった方がより楽しめるのは間違いないです。
REMAKEのプレイがまだの方には是非オススメしたいです。
(※注・REMAKEのプレイデータがあればリヴァイアサン、INTNRGRADEのデータがあればラムウと、それぞれREBIRTHのスタートから使用が可能になりますので、一石二鳥
ミッドガル探索もREBIRTHとはまた違った楽しさがあります)

さて、今回のREBIRTHですが前作のミッドガルから、うって変わって広大なフィールドその物が舞台です。
言葉にならない解放感がある、序盤のグラスランドエリア一つを取っても行動範囲が広いなんてもんじゃない。
初見プレイだとまずここに驚かされます、FF16が比にならないぐらい広いんじゃないか?と思わされたぐらい。
FF16は割と平坦かつ地続きなイメージでしたが、REBIRTHは高低差に富んでます。
そのせいでエリア探索は、
「ここに行きたいけど、山や崖等が行く手を阻んでてなかなか正規ルートが見つからないな…」
と言った事が多々あります(汗)
本編をメインに進めて行くか、エリアごとの探索もしつつの進行にするか、方針一つで人によってはかなり変わって来るのではないかと思います。
この点は少なくとも前作・REMAKEや、近年のFFシリーズ別作品程の一本道には出来ていないです。
近年のFFシリーズは
「ただレールの上を往くだけのゲーム」
と揶揄されたりもしますが、REBIRTHはプレイヤーにプレイの自由がそれなりに与えられてはいるし、皆で賑やかに冒険していると感じさせてくれてる印象を受けます。
それと基本システムは前作の仕様と基本的に同一なものの、チャドリーのレポート(主にエリア探索関連)、武器や技、ステータス関連のアビリティ付与、戦闘時にキャラ問わずor特定キャラ間での連携が可能になっていたりと若干の変更点があります、その点だけ注意。

1.【◯・良い点】
・前作のREMAKEとは比にならないレベルのボリュームがある
1周目は兎に角長いです、全14章構成。
前作のREMAKEで、クリアまで自分は約40時間程だった記憶がある。
ユフィが主人公の外伝・INTERGREADまでプラスで加えても、REBIRTHのボリュームは単純計算&体感的ながら約2倍~2倍半程は上回ってる。
余談ですが、難易度NORMALで1周目クリアまでに約101時間を要しました。
(※注・エリア探索、何でも屋のサブクエストはコンプ。
なおミニゲーム関連のやり込みは一切行わず、クリアに必須な最低限のラインを超えてるぐらい。
それ以外は、特に寄り道等はしておりません。
トロフィーコンプを目指すとなると更にかかるでしょう(汗))
その分FF7の世界を十二分に堪能出来る。
実質オープンワールドと言って差し支えない、この点ではFF16よりエリア一つを取ってもフィールドが遥かに広い。
REBIRTHの方が上だと思う

・サブとしてベンチを暖める機会が多いキャラにも固定のクエストでリーダーとして、又は別ルートの行動組等でしっかり出番がある
(※注・キャラの好みの問題で、起用法は人それぞれ皆違うと思う。
ちなみに基本スペックが劣るから、使えない等のキャラは居ない。
アクション要素が入った事で、各キャラごとに得意分野や特色がPS1のオリジナル以上に色濃く出てはいるものの、基本的には好きなキャラでパーティー編成しても、全く問題ないと思ってます)
サブにも経験値が入り、育成度で置いて行かれる心配が完全に無くなったのは、PS1のオリジナルより良い点だと思う。
以上の事からショップや自販等から入手可能な基本的なマテリア、装備等は金銭的余裕が出てきた辺りから少しずつ揃えて、サブに置いてる段階からいつ出番が来ても良い様に順次育成を進めた方が良い。
特にマテリアはレギュラー3人分のみだと後々詰むか、育成に膨大な時間を持ってかれる。

・スクエニ公式のREBIRTHのHPに記載はないけど、REMAKEやINTERGREADの登場人物も引き続き何らかの形で出演があります
(主にエンシェントマター、何でも屋絡み)
前作をやってた人なら
「コイツがこのタイミングで出てくるのかー!」
等の楽しみが旅の途中で多々あると思う

2.【△・あまり宜しくない点】
・ミニゲームが半端なく多い。行く先々にある。
本編を進めるのに、ミニゲームをいくつもこなさないと進めない箇所も多々ある。
時には同じ物を難易度違いで何度もやらされたりする。
それ故にテンポが絶望的に悪い。
確かにね、PS1のオリジナルも多かったですねミニゲームは。
本編を進める中に組み込まれてる物もあった。
でも
「またか…」とか、「もう勘弁してくれ」的な事は無かった記憶なんですよね。
この差が何なのかがまだイマイチはっきりしないけど、クリアに課されたノルマの問題、又は純粋にミニゲームの数が多過ぎだからなのか。
例えばスノボのミニゲームがPS1にありましたが、スコアはあくまでおまけ、飾りみたいなもんで完走すれば問題なく本編は進むがREBIRTHは全部ではないにしろ、点数のノルマを達成しないとクリア扱いにならず先に進めない物がある。
プラスアルファで操作性の問題が含まれるケースもある。
ストレスのみの話なら、何でも屋のおつかい等に含まれるミニゲームも同様。
こういった所で、プレイヤーの不満やストレスを増幅させてしまってるのかな?と思いました。
いずれにせよ他の方のレビューや、公式Xに寄せられてる意見の数々を見てる限り、ここでREBIRTHは大きく評価を下げてしまってる。
実に勿体ない。ベースは凄くいいだけに。
クリアの達成感より精神的疲労の方が遥かに大きい。
どうしてもクリアが難しい時は、無理せずミニゲームだけはEASYへ難易度を落とすのが吉。
難易度が下がりかなり楽になるので、オススメ。
苛々しながら何度もトライするより、そっちの方が精神衛生上余程いい。
自分も全部では無いにしろ、それで何とかやり過ごしました(汗)
(ただし腹筋ゲーだけはEASYでも難易度上がったら難しいと思う。
どうかご無理はなさらず。
ありゃ相当なやり込みで得た感触と根性がないと無理。
ノーミスどころか、完璧なタイミングとスピードまで要求されるから。
それと今回REBIRTHは最初からPS5でリリースが決まってた事もあり、アダプティブトリガー(PS5のコントローラーの売りの一つでもあり、腹筋ではボタン半押し)を活用する事で肉体面の負荷を表現する的な事をしたかった等の思惑があったのかまでは知らんが、難易度が上がれば尚更操作の失敗が許されない物を勝負事に含めるのは勘弁して下さいな…(汗)
これで感触をなかなか掴めず失敗しまくって負けるとかストレスしか溜まらん、泣くに泣けん。
ましてや、TASの様なエミュレーターじみた速さや精度の一歩二歩手前ぐらいの物を、人間様に求めてるとかどうかしてる(白目))

多くの方が言ってる事ですが
「FF7がやりたいのであって、ミニゲームがやりたい訳ではない」
これは本当にそう。
三作目はミニゲームを入れるなとまでは言わないけど、せめて前作のREMAKEや本編の進行に支障がないINTERGREAD程度の量に留めて欲しいです。
今回はミニゲームに依存し過ぎってレベル。
(※REBIRTHではそれを逆に売りとしており、元々ミニゲームの数々に期待されていたゴールドソーサーは除く)

・エリア探索、なんでも屋のミッションを本編同時並行で進行するとミニゲームとの合わせ技で、本編の話が次へ進むのに個人差はあると思われますが大袈裟ではなく数日を要する程だと思う。
REMAKEやINTERGREADの方がその点では、まだ話がサクサク進んで良かった。
ちなみに2周目以降はレベルや装備品等の引き継ぎ以外にも、1周目でエリア探索、何でも屋のサブクエのクリア済みも引き継げます。
勿論リセットして再び探索やお使いを楽しむ事も出来る。
ここは選択可能。
引き継ぎありなら、2周目プレイ以降は実質本編のみに集中出来る為ストレスが限りなく少なくなる、こちらはかなりオススメ出来ます。
エリア探索はまあ百歩譲っても、最初から本編やお使いに絡めたミニゲームありき&ゴリ押し仕様でなく、一周目からこの仕様だったなら…今の評価とは確実に違った物になっていただろうと思う。
仮にそれらを取っぱらったのが理由で、大幅にボリュームダウンしてしまったとしてもね。
楽しい物なら、極端な話クリアまでの時間が短くたって何周でもやりたくなる。
事実自分はREMAKEやINTERGREAD、ミニゲームの類いが一切なく本編に集中出来てたFF16なんてそれこそ何周もやりました。
そんなもんですよ?
今回はゴールドソーサーもREBIRTH最大の目玉の一つでしたから、クリア後はそちらでほっといても恐らく皆楽しんでたでしょうし。
一番いいのは、一周目からほぼ本編のみに集中出来て尚且つ話が長いFF16の様な仕様ですけどね。

・今回パーティーへ合流する操作可能な新キャラはレッドXIIIにユフィ、ケット・シーの三名。
それ以外だとミッドガルに居るザックスも、パーティーには加わらないが冒頭+αで一応操作は出来る。
残りの二人・ヴィンセント、シドはゲスト枠です。
こちらは操作出来ませんし、戦闘参加すらない。
パーティーへ加入はするが今回はムービーのみの登場。
これは加入時期が物語のかなり後半な事から、主に育成絡みの問題と思われます。REMAKEのレッドXIIIポジションですね。
まあレッドは戦ってたけど。
特にヴィンセント、ガンアクションで戦えるのを楽しみにしてたんだけどな…これが自分は今回一番残念だったかもしれない。

・クラフト素材収集が△押しの動操作で、地味に面倒。
複数個回収なら個数分押さないといけないんですね。
でも2周目プレイから、自動回収にも設定出来るんですよね。
これが全くもって意味不明だし、変な所で不親切。
1周目はこの機能を敢えてオミットにする必要性ありました?(汗)

レビューは今回★5にしましたが、問題点を見て見ぬフリして褒めちぎるのは最早只の信者の意見でしかないので。
問題点、よろしくない点は記載する事にしました。
本当にすいません。
まあクリアしてみて感想は実際面白かったし、待ってた甲斐はあったとも言える。
同時にその分残念、惜しいなと感じた点があったのも事実。
これは主に仕様面についてのお話です。

3.【ディスク盤面の印刷ミスについて】
初回版はディスク盤面の印刷に重大なミスがあった様です。
これはスクエニさんが悪いというより、ソニーさん側の不手際だった様ですな。
・「Play Disc(ブラック)」→PS5本体へ本編データを取り込む為の盤(データ容量は約140GB程あります)
初回起動時はまずこちらの黒いディスクから使用します。
データ取り込みが一時停止した所から、Data Disc(ホワイト)へ入れ替えます。
以降「Play Disc(ブラック)」は使用しません。

・「Data Disc(ホワイト)」→以降、プレイ時に使用となるのはこちらです。

【追記・’24/3/8】
4.【画質の設定について】
当方の環境(4K・FHD非対応のモニター)では、少なくともパフォーマンスモードの方がざらつきやぼやけが無く、画質がクリアかつ滑らかな様に思えます。
グラフィックモードより綺麗だと思うぐらい。
この点は前作のREMAKEや、INTERGREADも再度改めて確認しましたが同様でした。
プレイ開始時に一度画質設定の確認を推奨します。
この点は主にモニターの仕様やスペックによって、大きく変わって来る点だと思われます。
画質のクリアさ、フレームレート等違和感無く出来そうな方を選んでプレイしてみて下さい。

【再追記2・’24/3/21】
5.【1弾のアップデート(Version1.020)について(コピペ記載)】
・一部テキストの誤字・脱字を修正。
・マップ上における特定の条件下で発生する操作キャラクターの不具合の修正。
・バトル中におけるレッドXIIIのアビリティ「ルナティックハイ」、「戦士の鼓舞」がキャンセルされやすくなっていたのを修正。
・バトル中における特定の条件下で発生する敵が停止する不具合の修正。
・クエストにおける特定の条件下で発生する進行不具合の修正。
・フレームレートおよびゲーム全体の安定性の向上。
・パフォーマンスモードの画面出力設定に「シャープ」と「ソフト」の選択肢を追加。
・グラフィック品質の向上。
・カメラのリバース設定を空チョコボ操作中の「滑空」に反映。
・カメラのリバース設定を射的ミニゲームカメラに反映。
・ロケーション「ミスリルマイン」のツタ登り中の誘導サポートを強化。
・ミニゲーム「コンドルフォート」および「ガンビットギアーズ」のカスタマイズ画面に難易度設定を追加。

特にパフォーマンスモードの画質選択を含む画質向上関連、コンドルフォートとガンビットギアーズの難易度を下げる事が可能になった事、ミスリルマインでの進路表示が可能になったのは大きなプラスだと思います。
特にコンドルフォートなんてノーマルでも結構きつかったですから。
でもなぁ。コンドルフォート、ガンビットギアーズと同等もしくはそれ以上にモーグリを捕まえる奴がダルいにも程があるんですよね(汗)
エリアが変わる度なんで計5回ぐらいやらされる上に、難易度上がって来るといたずらレベルがアップにプラスして制限時間内にやれと来た。
これが自分は心底嫌&本当に苦痛でしたね。
最初の2回ぐらいまではまあ許せたが、後半にもなるとそろそろいい加減にしとけって感想しかなかった。
モーグリの難易度が高い奴がクリア出来ない方、見てると実際に結構居るみたいですね。
クリアしないとショップが開店しない、やりたくないからと避ければ武器スキルの書物が一部入手出来ない。
エリア探索コンプなんて別にしなくたってストーリー本編のクリアには全く支障ないので、プレイは一応任意のていなんだけど、キャラの成長や強化の為となると…実質半強制みたいな話なんでね。
レベル(難易度)の問題もなんだけど、あんまりおんなじ事何べんもやらせようとするのはちょっと勘弁して欲しい(汗)
勿論モーグリを捕まえる、あのミニゲームだけに限ったお話ではないけどね。

ここまで長文にお付き合い頂き、本当にありがとうございました!
総括としては
【一周目は色々面倒くさい事も盛り沢山だけど、二周目以降は設定次第でREMAKEやINTERGREADと同様もしくは限りなくそれに近いテンポで出来る様になるので、ストレスが少なくなり快適になる】
って事ですかね。
自分はミニゲームの押し売り状態だった事を除けば、満点とまでは行かないけどゲームとしてそれ程不満はなかったのでね。
それでは良い旅を!

思うことは色々あるが、最終的には買って良かったと思える作品。

プラットフォームを跨いだ所や、分作である所には非常に不満が有りますが、ゲームの完成度は高く昨今のスクエニに対する不審を払拭出来るに十分な…と言ったら言い過ぎですが、AAAタイトルを名乗るのに恥じない良作です。
良い所を上げるなら。
1.美麗なグラフィック 2.オープンワールドと表現しても過言ではない広大なマップ 3.単なるリメイクでは無い為、旧作プレイ済みのユーザーでも先の読め無いシナリオ展開 4,豊富なミニゲーム等々
悪い点を上げるなら。
1.前作や旧作をやってい無いと良く分からないのでは?と感じるストーリー 2.マップが広大過ぎて、旧作ファンの僕には世界が広過ぎる 3.3部作の中間作品である事から、最終作が出た時3部作同梱が出るのでは?という懸念ありコレ今買うべきか?と悩む所 4.個人的には最終作が出るのか心配です。
以上の事から、僕個人としては非常にお勧めですが、購入は自己責任でお願いします。

Best game ever for a fan of the original
everything in this game is well balanced. Some mini game to difficult for me but that’s part of the game AND optional…
nothing more to say, best game of the last 10 years at least

タイトルとURLをコピーしました