【PS5】マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~

プレイステーション5ゲーム

【PS5】マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~について

【PS5】マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~

この商品について 【世界を救うのはもうやめた】 「アトリエ」シリーズの原点が、25周年記念でフルリメイク!

【世界を救うのはもうやめた】
「アトリエ」シリーズの原点が、25周年記念でフルリメイク!

アカデミーの卒業を目指して、錬金術に冒険に、できることが盛りだくさん。
アトリエで暮らす、スローライフPRGを楽しもう!

■ストーリー
主人公のマリーは、王立魔術学校(通称:アカデミー)の落ちこぼれの生徒。
ある日、先生から卒業試験のために錬金術のアトリエを与えられます。

卒業試験の内容は、先生を納得させられるアイテムを完成させること。

そのために錬金術の腕前を上げたり、調合の材料を集めたり、
参考書や道具、冒険者を雇うためのお金を集めたり……
調合・戦闘・依頼と、できることが盛りだくさん!

どこから始めるかはあなたの自由!
あなた自身の楽しみ方で、アカデミーの卒業を目指しましょう。

■グラフィックを刷新!
キャラクターの立ち絵やイベントスチルを刷新し、立ち絵には2Dアニメーションを実装しました。
また、キャラクターやステージの3Dモデルも実装。移動や探索などでは、可愛いミニキャラたちが動きまわります。

■新規要素を多数追加!
・焦らずゆっくりプレイできる「無期限モード」
・キャラクターたちの魅力を深堀り「交流イベント」
・攻略の道しるべ「イングリド先生の課題」
さらに難易度変更や、アトリエの模様替え機能など盛りだくさん!

【PS5】マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~ 口コミ

ストーリーは短いのですぐクリアできてしまった。
キャラの大きさがいまいちである。
まあまあの面白さ。
気になる方はどうぞ。

ダウンロード購入しましたのでレビューだけです。
オリジナルのマリーのアトリエからずっとプレイし続けている、アトリエシリーズの大ファンです。リメイクが発表されてから、ずっと楽しみにしていました。

今作の目標はシンプルです。アカデミー(錬金術師になるための学園)を無事に卒業すること。そのための技術や知識を磨くために、工房の運営を任されます。調合をしながら、酒場でもらえる依頼をこなしてお金を稼ぎ、冒険者と採取に出かけ、5年間を過ごして、卒業の判定をもらう、というストーリーです。
オリジナルとの違いは、5年間の期限付きでプレイするか、期限なしでプレイするかを選択できるようになっていること、5年間の間に、担当教師から、中間試験のような課題を出されること、採取の際にランダムではなく、目的のものだけを選べるようになったこど、など。そして!今回のリメイクをプレイする中で、追加要素で唯一「これは…」とイラッとしたのが、調合と採取の際に突如始まる『ミニゲーム』(笑)難易度は低めですし、クリアできなかったことはありません、が!クリアしないと、調合が失敗したり、採取した材料が手に入らなかったりするので、初めて挑戦する時には、地味に焦ります。せめて、クリア後の引き継ぎ要素に、ミニゲームの有無を選択できるような設定が欲しかった。次回からのリメイクにも、このミニゲームを採用されるならば、ぜひ改善をお願いしたいです。

わたしはアトリエシリーズの中で、リリーのアトリエが好きです。ぜひ!リメイクを続けていただきたいという思いが、今作の購入の理由の一つでもあります。最近のアトリエをプレイされている方の中には、マリー、エリー、リリー、ザールブルグ3部作は物足りないと思う方もおられるかもしれません。ただ、過去作のファンとしては、最近のアトリエ作品の描写が、不快になることも多いのです。ロロナのアトリエから作画が変わり、衣装の雰囲気も変わり、太ももや胸元のアップや、イベントでも入浴、水着シーンなどがあり、誰得?と思う事があります。女性キャラが主人公なので、そんな需要もあるのでしょう。ただ、それを良しとできずに、モヤモヤしながらプレイしている、わたしのような人もいる事はわかっていただきたい。(レビューとは関係ない私情で申し訳ないです)

ともあれ、難易度も低めですし、のんびりほのぼのプレイする、こんなアトリエシリーズも、良いと思います。戦闘が苦手という方、ひたすら採取と調合をしたいという方、自分のペースで進めていけますので、時間がない方にもおすすめできるゲームです。

25年前にプレイした雰囲気があって懐かしかった
のんびりとした世界が良かった

オリジナルのアトリエをプレイしていたので、懐かしさに惹かれて購入しました。PS5でのリメイクという事でグラフィックなどは3Dで表現されている点など変わっている所はありますが、調合の楽しさは変わっていませんでした。アトリエシリーズ初めての方でもおすすめ出来ると思います。

評価は普通です。よっぽどアトリエシリーズが大好きな人ならともかくやはり一昔前の作品です。同じアトリエシリーズならライザの方いっといたほうが良いと思います。個人的には…。

錬金術は単なるアイテムの微分積分ではここまで面白くならない。流れる音楽、愛らしい絵、優しいストーリー、好感の持てるキャラクター、これらが錬金術に十分な満足感を与えている。錬金術にどっぷりハマると将に幸福な一日だろう。

アマゾンでは都合が悪くなるとレビューを削除するみたいです。

こういう卑劣な商売の仕方について嫌悪しますので、もう一度
レビューします。

この作品はせいぜい売れ残ってワゴンセール500円とかになってようやく
買ってもいいと言えるレベルな程終わってます。

まずシナリオですが有ってないようなもの、中身が無く面白さは皆無です。
キャスト陣は豪華ですが実際には声を当てているのは一部でしかなく殆ど
音声はありません。また一人の声優が3~5人分掛け持ちで声を当てており
どこまでいい加減な作りをしているのか?制作側にやる気が全く無いと言
い切れる程に何もかもが適当、中途半端未満です。

アトリエ士リースと言えば錬金術であり、錬金術で非常に強いアイテムや
便利なアイテムを作成し強敵を倒したりして愉しむものですが、このマリ
ーでは錬金術で作ったアイテムを戦闘で
使ったり、便利な移動手段として使うことはほぼ一切ありません。錬金ア
イテム全てが弱すぎて役に立たず、また錬金コストが掛かりすぎて、使用
してしまうと課題をこなすために必要なアイテムやお金稼ぎに回しづらく
なります。よって全ての戦闘は杖や剣で殴り、時にスキルを使用するだけ
です。
これに伴い、課題に必要なアイテムを生産するためだけに錬金術は存在
するのでやりこみ要素は完全に0です。
採取地のマップも極端に狭く探索する必要性もなし、探索する楽しみも
無し、素材も種類の数が通常のアトリエシリーズの10分の1程度しか無
くまた品質や属性と言った設定もないため淡泊そのもの。錬金の楽しさ
はも0です。
悪いところまだまだ挙げられますがまたアマゾンに消されると思うので
この辺りで。

タイトルとURLをコピーしました