アローン イン ザ ダーク – PS5

プレイステーション5ゲーム

アローン イン ザ ダーク – PS5について

アローン イン ザ ダーク - PS5

この商品について 3Dサバイバルホラーの名作「Alone in the Dark」が、リ・イマジネーション版として蘇る 舞台は1920年代、アメリカ南部。エミリー・ハートウッドの叔父が行方不明となった。私立探偵のエドワード・カーンビーと共に、彼女は邪悪な何かが潜む精神病棟「デルセト屋敷」へと向かう。 現実・謎・狂気が交錯するこの地で、あなたの信念を揺るがす冒険が待ち受ける――。

サバイバルホラーの原点が、新たな恐怖とともに帰ってきた。

アローン イン ザ ダーク – PS5 口コミ

「バイオハザード」シリーズに影響を与えた「アローン•イン•ザ•ダーク」との事で

いざ遊んでみたものの、キャラクターデザインが古臭い、処理落ち連発、グラフィックがPS2レベルで、バグもたくさんありました。

ちゃんと、パグチェックしてほしかったです。ストーリーも微妙だし、なんか

遊んでいて、楽しめなかったです。

なんかキャラクター、全体の雰囲気とかも

何もかもが微妙なんです。

ストーリー
・状況はなんとなくわかるのですがムービーだけでは、話の展開について行きづらいです。背景の設定は色々あるので集めたアーカイブを読んで楽しむ方がいいかもしれません。
・本作はダブル主人公であり、選んだ方により会話は異なるため少なくとも2周楽しめますが、どちらを選んでも展開はほぼ変わらないです(バイオ2等を想像すると期待外れになってしまうかもしれません)。
・ただ、プレイ時間はそんなに長くないので早い人で1~2日で終わってしまうかもしれません。
・キャラクターはそれなりに出てきますが、こちらもたまに出てきては掴みどころのない台詞を吐くだけで、いまいち愛着が湧きません。

謎解き、探索
・謎解きはテンポを崩さない丁度良い難易度。ここのバランスを一番調整したのかもしれません。
・館はマップが無いと少し迷いがちですが、凄い広いという程ではないのでスムーズに進められるかと思います。
・ただし、武器や能力の強化/成長要素が無いため探索の楽しみがあまり無いのが結構痛手です(収集物はあります)。

戦闘
・難易度は操作性があまり良くないこともあり高めですが、(ハードを除き)被ダメージはあまり大きくないのでなんとかなると思います。
・敵が怯にくく、ヘッドショットしたりショットガンでもダウンを取ることがほぼできません。この仕様により対複数になるとグッと難易度が上がります。
・スニークのシステムはありますが、正直使う場面では大体逃げる方が安定してました。
・クリーチャーのバリエーションやボスが少なく、またデザインも特筆すべき点はあまり無いです。

バイオハザードやデッドスペース等、昨今のサバイバルホラーに触れたプレイヤーからすると、秀でている点はあまり無いと言うのが素直な感想です。強いて言えば本作はリメイク作品であり、設定や演出は原作から持ってきていると思うので、シリーズファン向けでしょうか。

本日ディスク入れて
スタートしてから屋敷を 
検索してて
アイテムを取った後に
何処へも動けなく成り
後ろ振り向けはしたものの
人影らしき姿に
ピストル発射したら死んだ
その後も動けず
オプションボタン押して
セーブは出来たけど
何かにハマった
バグですね

全く動けず
その場を回るだけ
とりあえずセーブして
終わった

探索、謎解きが面白い。
ただし、敵との戦闘がいまいちである。
全体的に普通の面白さです。
気になる方は検討してみては。

バグで進行不可になりました、早めにアプデお願いします。

リメイクを30年待ち望んだファンの1人です。プレイ中は楽しみながらゲームをしていた印象ですが、オリジナルのストーリーのままボリュームを増やして操作性をよくするだけでも充分だったのに、ボリューム不足。ストーリー構成についてはオリジナルを超えられなかった。希望を持って何周か遊んでみます。

タイトルとURLをコピーしました