【PS5】ドラゴンズドグマ2

プレイステーション5ゲーム

【PS5】ドラゴンズドグマ2について

【PS5】ドラゴンズドグマ2

この商品について その冒険は、英雄譚として刻まれる 失った記憶の奥底に響く、竜の声。汝、覚者となりて我を討て。己が目、己が心を通して見える世界の理とは

王道ファンタジーの世界で自由な冒険を楽しむオープンワールドアクションゲーム。
プレイヤーの想像に応える多彩なアクションと、1人プレイなのに“他の誰かと冒険する楽しさ”が味わえるゲーム体験。
圧倒的な実在感、物理演算、AIによって緻密に織り上げられた王道ファンタジーの世界。
この世界は驚きと実在感に満ち溢れている。ポーンと共に無二の冒険へ さあ踏み出そう。

【PS5】ドラゴンズドグマ2 口コミ

ドラゴンズドグマは、大分前にクリアし完全に2は新規の気持ちでプレイしました。

世界観は、王道のファンタジーで好みでしたが、システム的に下記がプレイするうえでこの上なく不便でした。

・ファーストトラベルに制限がある。消費アイテムが必要で序盤はかなり高価。
・回復最大値みたいなものがあり、ダメージを受けるたびに減りそれ以上は回復できない。
 宿屋やキャンプで回復可能。
 しかし、宿が高額、キャンプも限られたところでしか出来ない。
・非戦闘でもダッシュでスタミナを消費。
・オートセーブでないのか、全滅後に宿屋からリスタートすると、4時間くらい前のデータに戻された。

僕は、アーチャーで始めましたが、ローリングやガードがないので、近づかれると即死亡でした(笑)
かといって、高所に登れるようなこともなく。(序盤なので、分からないがスキルがある??)
従者に、タンクを入れても彼らが死ぬと、ほぼほぼ逃げられない。。。

とにかく、全滅後のリスタートで、進行がパーとなり、4時間が無駄になりました。
正直、全体的に面白くないため売りに出しました笑

FF7リバースも不満点は色々ありましたが、まだましでした。

オープンワールドの快適さは、ファーストラベルの有無や使い勝手が重要だと思います。
広いフィールドを馬なしのスタミナを気にしつつ移動するのは、苦痛でしかないし、時間に余裕のないサラリーマンには厳しい。

オープンワールドは過渡期かもしれませんね、スカイリムのようなワクワク感は、ドラゴンズドグマ2には少なくともありませんでした。

剣と魔法、ドラゴンをテーマの世界観、広大なオープンワールドと爽快な戦闘が魅力のアクションゲーム。
結論から言うと、アクションゲームとしても続編としても理想的な作品。
だが、これはファンの意見であるので、人を選ぶ面がある点には注意。

ストーリーについて。
主人公は記憶を失った「覚者」となり、労働施設脱出から物語がはじまる。
壮大なファンタジーで、映画のように盛り上がる。
何気に前作と繋がりがあり、経験者なら感動できるシーンがある。
また、「冒険感」を強く感じられるのが良い点。
キャンプしたり、暗がりでランタンを点けたり、「そこにいる感」を感じられる。
演出面が大幅にパワーアップしていることで、臨場感が段違いにすごい。
仲間もよく喋り、パターンも豊富。

キャラメイクについて。
完全に自由ではないが、パターンを絞り込んでいき詳細を決める方式で、自由度は高い。
美形、ネタ、獣人までいろいろできる。

アクションについて。
レスポンス良い手応え、かつ直感的。
前作よりリアルよりで、攻防の重要さが増している。
この作品の特に優れているのが「手応え」だと思う。
攻撃の重みと感触が、モーション、振動、エフェクト、SEにより手応えとしてしっかり伝わってくる。
アダプティブトリガーになったことでこの点がさらにパワーアップし、感動するレベル。
被ダメが重なると通常回復できない「ロスゲージ」が増える仕様も個人的には好き。
探索に緊張感が出るし、休息、キャンプの必要性がある。

ワールドについて。
前作に比べより広大、美麗。
ロードオブザリングの世界を旅しているよう。
壮大な自然や不気味な洞穴の探索にワクワクする。
牛車に乗ってのんびりすることもできる。
スクショも充実し、正直褒めるしかない。
グリフィンと戦ってたらオーガもやってきてワチャワチャしたり、サイクロプスを倒したら死体が崖にかかって橋になったり、偶然のハプニングも面白い。

ポーンについて。
主人公に従事する存在。
メインポーンはアタッカー、タンク、ヒーラーなど、好みのビルド、キャラを作成できる。
また、自分のポーンは他のユーザーの世界に幻影と現れ、そこで成果を上げて報酬を持ち帰ってくれると嬉しく、より愛着が湧く。
自分の世界でも他プレイヤーのポーンが現れ、あらゆるキャラに出会い、仲間にでき、オフラインなのに繋がっている感がある。
他の世界でクエストを経験していると案内してくれたり、戦闘後ハイタッチしたりなど、行動パターンが豊富で、シングルプレイなのに共闘感が強い。
前作と比べると格段に頭が良くなっているので戦闘に役立つし、スペシャリティスキルにより自分の判断でアイテム使用、合成、素材のマップ表示などしてくれて便利。

育成、強化について。
様々なジョブにつき、スキルを解放できる。
LVアップ時についているジョブにより、ステータス上昇値が変動する。
このあたりはほぼ前作のままだが、本作ではLVカンストが大幅に引き上がったことで、緻密な計画性は不要で、いつでも好きな時に好きなだけそのジョブをすることができる。
やり込む上で便利な仕様に変更されている。
装備は純粋な強化のみで、合成などの面倒なシステムもなし。
ただし、鍛冶屋ごとで上昇幅が異なる、というマイナーチェンジが加えられた。

注意点について。
・プレイフィールは無印と似ている
全体的にパワーアップしてはいるのだが、良くも悪くも前作と似たテイスト。
ファストトラベルの仕様、所持重量の制限、大まかなクエストマーカーなど、最近のゲームとすると不便とも思える点がある。
この点は、前作末プレイで最近のタイトルを多くプレイしているような人だと気になるかもしれない。
ただ、この快適すぎないシステムゆえに歩いて巡る探索感があるし、仲間との荷物受け渡しや、足で情報を集める必要性があり、個人的にはこの制限も含め過去作を踏襲したのはアリに思う。
過保護すぎず、手探りでの冒険感こそ本作の醍醐味だ。
また、序盤の不便さがLVアップやスキルで快適化されていくのも面白さなので、早々に見切りをつけずゲームを進めてみると良いだろう。
自宅も早めに安価で手に入り、資金繰りもラクになっていく。

・ニューゲームがない
キャラメイクを終えスタートすると、以降常にそのキャラをロードする形式となる。
最初からやり直すには、なんとセーブデータごと消すしかない。
ゲーム中、種族以外のキャラメイクは再度行えるが、種族ごとやり直すには全てを捨てる必要がある。
自身はお気に入りの同キャラでひたすら世界に入り込むのは好きだが、スカイリムのように違うビルドを複数楽しむような遊び方は不向きなので注意。
小銭稼ぎとしか思えないDL商法はさすがにいただけない。
※アプデで対応するらしい。

気になった点について。
・初回封入特典の武器がしょぼすぎる
本当に最序盤のみしか使えず、スズメの涙程度の火力アップにしかならず、しかもダサいゴミ。
いくらかこれも期待して予約したが、ここまでしょぼい特典は初めて見たかも、というレベル。
まだクリアファイルとかくれた方が良い。
最近はレビューなり動画なり充実していて、新品購入する必要性が薄くなっているのだから、せめて予約購入した人にもうちょっとご褒美あっても良いと思う。

・売却が面倒な時がある
ポーンが近くにいない場合、売却対象物をそのポーンが持っていると売却できない。
という無駄にリアルな仕様がある。
装備の強化は、アイテムが倉庫にあっても使用できるという便利機能があるだけに、この点は不便なだけ。

・一部バグがある
クエスト対象キャラがいない、安置に敵が入ってくる、というバグに遭遇した。
これらもろもろアプデが入るということだが、完成品を発売することを目指すべき。
しかしながら、無双8が発売後散々な出来だったのに今は普通に遊べるし評価を盛り返しているのを見るに、本作も伸び代は十分ある。
和製オープンワールドかつ、このボリューム感のゲームなのだから、「初手」としては及第点だろう。

まとめ。
待ちに待った作品だが、個人的には満足の出来栄え。
しっかり熟成し、期待を越えてくれた。
確かに最近のオープンワールドと比べるとプレイのしにくさもあるかもしれないが、「ドグマ」としての続編を望んでいた身とすれば、これぞ正統続編と言える。
良い意味での変わらなさは評価したい。
自身、前作は3つのハードでやるほど好きで、長期に渡りハマっていたが、本作でまた向こう10数年は遊べるかと思うと嬉しい。
一部、カクつき、モーションブラーなど不満を持つ人もいるようだが、正直自分はなんとも思わないのだが、、
これまで現役でダークアリズンをやってたせいかもしれないが、全然快適にプレイできている。
前作ファンなら間違いなくオススメできる。
ただし、快適なオープンワールドを期待しているならちょっと違うのかもしれない。
ドグマらしさ、という点ではプラスになる評価も、人によってはマイナスになってしまうだろう。
システムを理解して購入するといいと思う。

一応全シリーズプレイしては来ましたので事前に色々問題があるとの情報はわかっていても買った
こちらが悪いんです。

でもまあこんなにブラーが酷くて
画面がにじんで目が疲れプレイに
集中出来ないとは思ってなかったので放置してすぐにカプコンの
ご意見サイトに何とかしてくれ
と書き込みました。

まあ買った人の責任もあるとは
思いますけどね

その前になぜこんな仕様で制作してお客さんから金を取ろうとしたのか?

そこが本当に疑問なところです。

だって発売したらすぐバレる事
なのに、バレたら信用もなくして
悪評を残すだけなのに…

年度末だから急いだとか色々と
情報を見ますけど、とりあえず
ちゃんと完成してから販売して
くれと思います。

あと既視感がある物になるのは
もうアイデアが出尽くした最近
は仕方ないとは思いますけど
それならもういい所取りで
それらを上手く面白く組み合わせた方がプレイヤーは結局面白くなると思います。

今時、ファストトラベルに課金とかその他の不便な事もドグマらしいとかの理由でそのまま引き継ぐとか…

そう言うのはいらないですよ。

まあともかくブラーとフレームレートの2点はすぐにでも対応しないと画面酔いやブラーが苦手な方は様子見だと思います。

タイトルとURLをコピーしました