Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)

プレイステーション4本体

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)について

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)

この商品について Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)

内容物

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱) 口コミ

届きました。
まだ使ってませんが綺麗です。
これからゲームします。ありがとうございました。

今までの人生で発売日近くに次世代ハードって買った事ないな~
と思い、今回初めてほぼ発売日に次世代ハードを購入
政治家のせいで増税目前だしな!!
といっても日本が世界規模で遅い発売日なんですがね‥‥
これは日本メーカー危機感持たないと‥‥

XBOX新型は日本発売未定、Wiiの任天堂はスペックで一手いつも遅れ気味で
何だかんだでやはり日本での最強性能のハードとしてしばらく君臨してそう
プレステ3の時は在庫数も少なく、値段も50000円前後で初期内臓のHDDは20GBと60GBと今見ると笑っちゃうぐらいの低容量でしかも重かったのですが、今回はこの問題は解決(まあPS4のゲームは食う容量も多いのでHDDは500GBぐらいないと話になりませんが)
今回はSSDに変えなくても快適だったのでHDDで充分ですね
まあ512GBのSSDをPS4に付けたらどうなるかも試してはみたいですが
ちなみに外付けHDDはPS4には付けられません

先に不満点を

トルネが使えない(テレビ一つしかない部屋では録画の度に取り替えないといけない)

新品なのに横の部分にキズが少し‥‥誰のせいだ?

PS3のゲームよりもHDDの容量も食うのでゲームダウンロードにかかる
時間も増えた気が

オンライン対戦が有料になり、たまにしかやらない自分や学生達
はちょっと手軽に遊べないかな

PS3の初期みたいにPS1、PS2のソフトが遊べない
これから出るクラウドサービスに期待したいが‥‥しばらくはPS3で十分って人も多いでしょうね
パッと見てライトゲーマー達は何が進化したのか細かくは分かりづらいだろうし
(PS1→PS2の時代とかは素人目にも瞭然だったし)
PS3で出来る事が全て出来たなら場所狭いので古いPS3を処分しようとしましたが
まだまだPS3も手放せそうにないです

ここが良かった点

上にも書いたように分かりづらいかもだが、プレステ3より高性能の
ハードである(PS3のメモリーが512MBに対してPS4は8GB、約16倍はある)
これからのソフト次第で明確に分かってくるはず
開発者にとってはPS3よりPS4が開発面ではすげーやりやすいとの事

初回版は「knack」のダウンロードコードが付いてるので
とりあえず遊ぶゲームに困らなかったです、お得です
「knack」は34.8GBと容量が多かったので、PS4から出来るようになった
スリープモードのままPSNに接続して落とすのをオススメします

稼動時に非常に静かです、PS3の時に寝ながら深夜の番組
トルネで録画してたら睡眠妨げられましたが
PS4は正直、目離してると起動してるのかしてないのか分からないぐらい
に静かです。これが古くなっていくにつれて変わらなければ良いですが‥‥

フレンドやトロフィーはPS3のと共通で自分のアカウントのが見れますが
世界でのトロフィーのレア度というのを見る事が出来るようになり
例えば自分の取ったブロンズのトロフィーが色んな人が取ってるなら
「93%ふつう」と表示されたり、ほぼ自分しか取ってないプラチナなら
「1%激レア」と表示されるようになります

コントローラーが多少大きくなり、タッチ機能追加されましたが
基本は今までと一緒、L2とR2は使い易くなってる
プレステ1の時代からの完成された形で進化の必要が
殆どないコントローラーでいてくれるのは嬉しい、これを使ってから
他のハードのコントローラー触るとなんかすげーやりにくい
さわり心地とかブンブン振り回せとか‥‥

PSNのページかPS3で見た時よりもスムーズに見れます
もしかするとマシンスペックの他にもPS4が発売した直後だからSCEがそちらに管理を
優先してるのからかも知れませんが‥‥

ただ最後に思うはやはりゲーム機である以上やりたいゲームとか出て
自分にとっての価値が上がるというもの
個人的にはGOW、DMC(PC版のDMC4SEを出して欲しい)、サイレントヒル、SIREN等のシリーズをリメイクでも
いいから全盛期時代の面白さのまま今のハードのクオリティで出して欲しいわ
せっかくハード進化したのに、ソフトが欲しいのが無くては無意味でしょう
得に日本メーカーはここ数年での弱体化も痛いですし

※2014,02,23追記
Amazonで買おうと思ってる人、転売屋が買い占めて高値でマーケットプレイスで打ってるが、これは絶対買うな。
ヤフオクなんかは即決40,000円、安く35,000円くらいで変えたりするから、私みたいにAmazon.co.jpが販売・発送の39,998円くらいの時買う以外はヤフオクか家電量販店で買ったほうがいい。
–追記ここまで

ソニー他数社で独自開発したCellプロセッサは、確かに超高性能だったがあまりよろしくない結果に。

しかしながら、今回のこのPS4からはAMD製APU(CPUとGPUが合体したもの)を採用。
元々Radeon等、PCゲームでNVIDIAと共に名を上げてきたメーカーだ。
超高性能プロセッサから、省電力・パフォーマンスを両立させるバランスのとれたプロセッサに。

→電源容量250Wという、ゲームPC環境ではありえない省電力なのに、PC環境と同じ事ができる。

ゲームで使用するCPUはクロック数が高ければ良いというのもある(これはそのとおりなんだが)
しかしながら、AMDの次世代APUを採用する事により、ゲーム開発者側もゲームを作りやすくなり、8コアという処理能力がフルに使用できる。
※PCでも、標準で皆が使っているCPUのコア数は「物理的コア」は4コア。(Core i7の上位を除くモデル。上位は6コア12スレッド)

コンピュータの基本性能を左右するもう一つのパーツ「RAM」。
これもPS3の時は「MB(メガバイト)」だったのが「GB(ギガバイト)」に。
しかも「GDDR5」という、通常はGPUに使用される超高速メモリをメインメモリに採用。
これが8GBも搭載されている。

→これらが意味するのは「PS3に比べ、一度にこなせる仕事量(プログラム)が一気に増えた」という事。
(例としてバトルフィールドを上げると、PS3の時は32人対戦だったのがPS4では64人対戦。そのぶんマップも広くなり楽しくなる)

データ転送USB規格もUSB2.0からUSB3.0に。これは素晴らしい。大容量のファイルでもあっという間にコピーが完了する。
こちらも単位でいえば、MBからGBへの進化。

PS3からPS4への進化を一言で表すなら、「MBからGBへの進化」というところか。

これだけでPS4がPS3に比べどれだけ進化したかわかるだろう。

グラフィックに関しては予想通りです。
そもそもグラフィックはps3とあまり変わりません。
奥の背景が映ったり、きめ細かい部分が表示されるようになっただけです。
グラフィックを求める方は数十万のPCを買えばいい話です。
これだけのスペックで、これだけのグラフィックでこの金額は当然であると思います。

これから、ps4の最適化されていくのだと思います。

変わった部分は、フレームレートなどの初心者があまり気にしない部分です。
FPSユーザーにとって、このフレームレートが安定するのはとても素晴らしいものです。

ゴーストでは、40fps〜60hps(ps3)
BO2では、40fps〜60fps(ps3)
BF4では、20fps〜30fps(ps3)

これらがガッチリ60fps固定されるのです。
BF4では、50fps〜60fpsになる!(ps4)
この差は大きな違いです。

これが理解できないなら買う意味なし!
この違いを理解できないで低評価付けてる奴はただの大馬鹿です。
すぐに売ればいいのです。

安定して楽しめるのがps4なのです(*^^*)
グラフィック関係も、近いうちにps4に最適化されたソフトがでてくるので我慢ですね!
後は技術の進歩あるのみ!
ps3だって、発売当時はMGS4のグラフィックが限界とも言われましたが、BF3のように進歩したじゃないですか!

理解できる人だけがps4を買いましょう。
理解できなく、文句を言うならばps3で十分です。

Proにかいかえました

タイトルとURLをコピーしました