龍が如く 極 新価格版 – PS4

プレイステーション4ゲーム

龍が如く 極 新価格版 – PS4について

龍が如く 極 新価格版 - PS4

この商品について これぞ、大人のための“極”エンタテインメント シナリオ評価が高かった初回作『龍が如く』をベースに大幅に追加されたドラマシーン、快適なゲームプレイ、美麗な映像、重厚なサウンド、充実のプレイスポット&サブストーリーなど、あらゆる面で極まった“大人のためのエンタテインメント作品”です。

初回作『龍が如く』があらゆる面で極まる!

龍が如く 極 新価格版 – PS4 口コミ

初代からやってみようと買ってみた。
続篇も買う価値あり

やはり龍が如くと言えばここから

懐かしいのに映像は綺麗で新鮮でした。龍が如くシリーズは久しぶりにプレイしましたがやはり面白いです。

全体的に面白かったです!

凄いどうでもいいけど、最初にシンジに15 万ほど借りるんですが、いつになったらお金返せるんだろう?とやきもきしながらゲームしてました。
結果借りパクなんですが(笑)

まあ律儀にお金返すとか、極道者ならないか!踏み倒すわな!と開き直りましたwww

気前よくお金貸してくれて、何があっても絶対桐生を裏切らない、シンジいい奴過ぎてシンジの最後のほうが、ラストシーンより泣きました。

メスキングも面白かったし、お姉さんたちめちゃくちゃ可愛かった。

キャバ嬢があれくらい可愛かったら最後までやる気になる(笑)

龍が如く0から続けて極をやりましたが、一言で言えば水増し要素が目立ってイラつく場面が増えた印象です。

0はストーリー中盤で必ず覚えるお金ばら撒きやエンカウントファインダーのおかげで、雑魚との戦闘を回避しやすくさしてストレスを感じなかったです。
ところがこっちはそんなものはなく、カジノ景品のサイレンスシューズ(自分はクリアまで気づかずw)でエンカウントを減らすか、バトル達成目録の開運の数珠(エンカウント自体無効化しますが間違いなく入手は終盤)でしか雑魚戦を減らせません。

前半の能力アップのためにサブストーリー埋めで街を歩き回ることになるけど、とにかく雑魚が鬱陶しい。
そこに加えてどこでも真島の呆れるしつこさとランダム要素や、随所にあるおつかいなど、短めの本編を長引かせようと水増してるのがアリアリと感じ取れるのが×。

なのでこだわりが無ければ難度をさっさとイージーにし、2章ですべての能力が初期化した後は心の超スタイルの極み3種(特にラッシュ優先)を覚えることを強く推奨します。
ボスが超スタイルの極み前提のクセに、デフォで覚えてないとか調整アホとしか言いようがなく呆れましたもんw
しかもイージーにしたところでそこまで与えるダメージ変わらないので、結局は戦闘がダルいんですよね…

と、ここまで水増し要素中心にボコボコに言いはしましたが、名作をリメイクしてるので一定の面白さがあることは間違いないです、2000円前後なら十分お買い得感ありますし。
短時間にパパッとコンプ目指そうとするとストレス溜まりやすい作りなので、気長にちまちまやる分には良いかもしれません。

龍が如くシリーズずーと気になっていたんてすけど、難しいかなってやってなかったですけど、極を最初に買ったら、面白いです。僕は絶対新価格の今が絶対買って後悔しないてと思います、。、

中古品よりも安かったので、買って良かったです!

タイトルとURLをコピーしました